PCのつぼ

Windows10で「IE」を使う方法

IE(アイ・イー)とEdge(エッジ)

Internet Explorer

Windows10が2015年7月29日にリリースされてからしばらく経ちましたが、みなさんは使用されてみていかがでしょうか?

Windows7からアップグレードしたら仕様がだいぶ変わっていて、アタフタしてしまった方も多いんじゃないかと思います。

中でも、インターネットのブラウザが「IE(Internet Explorer:インターネットエクスプローラー)」から「Edge(エッジ)」に変更された点が1番大きな変化だったのではないでしょうか。

使い方自体は両者ともほぼ変わりありませんが、ネットバンキングなどの一部のサイトではまだEdgeに対応していないものが多いため、何かと不便なことが多いです。

そのため、多くの企業ではWindows10にアップグレードすることを禁止にしているようです。

しかし、実はWindows10にも「Internet Explorer」が残されていたのはご存知でしょうか?

今回はWindows10でIEを使用する操作手順をご紹介します!

操作手順

①画面左下の「スタートボタン」をクリック

「スタートボタン」をクリック

②スタート画面が開くので、「すべてのアプリ」をクリック

「すべてのアプリ」をクリック

③「すべてのアプリ」の中にある「Windows アクセサリ」をクリック

「Windows アクセサリ」をクリック

④Windowsアクセサリ内に「Internet Explorer」を発見!こんなところに!

Windowsアクセサリ内に「Internet Explorer」を発見!

⑤あとは「Internet Explorer」を右クリックして「スタート画面にピン留めする」を選択するか、

「Internet Explorer」を右クリックして「スタート画面にピン留めする」を選択

「その他」をクリックすると「タスクバーにピン留めする」という項目が出てくるので、それをクリックします。

「タスクバーにピン留めする」をクリック

そうすると、それぞれ下図の場所に常に「IE」が表示されるようになります。
これでいつでもすぐに立ち上げることができますよね。

スタート画面またはタスクバーに常に表示されるようになる

※また、「IE」を見つける他の方法として、検索ボタンをクリックして「Internet Explorer」と入力してもらってもOKです!

検索ボタンで「Internet Explorer」を検索

まとめ

皆さん、無事に「IE」を見つけることができましたか?
今回の記事の内容を簡単にまとめると、
(1) スタートボタン > すべてのアプリ > Windows アクセサリ

(2) 検索ボタン >「Internet Explorer」と入力

上記のどちらかの方法で「IE」を見つけ出し、スタート画面かタスクバーにピン留めしておく。
 
となります。

さて、Windows10で「IE」を使用するのって以外に簡単でしたよね!
知っているか知らないかで損得が大きく別れる内容だと思うので、みなさんも周りの方に教えてあげてください…!

以上、Windows10で「IE」を使う方法でした!