目的別オススメPC

動画編集をしたい!― デスクトップPC編

HP ENVY 750-180jp/CT 東京生産 DARK SOULS III 推奨パソコン

※モニターは別売りとなっています

PCに大きな負荷がかかる動画編集には、このハイスペックモデルのPCで決まり!
オーバークロックも行える“Kナンバー”の最新プロセッサーを採用し、グラフィックス、メモリともに充分なスペックを誇っています。
また、空冷式クーラーよりも高い冷却性能を持つ「水冷式クーラー」を採用しているため、高負荷時が長時間続く作業でも安心して行うことができます。
このモデルは拡張性にも優れているので、ストレージやメモリなど、後々自分で増設することも可能ですよ。
OS Windows 10 Home (64bit)
プロセッサー インテル® Core™ i7 -6700K プロセッサー
冷却方式 水冷クーラー
メモリ 16GB (8GBx2) PC4-17000 (2133MHz)
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 980Ti (6GB / GDDR5)
ストレージ 2TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
モニター なし
オフィスソフト なし
保証 1年間保証(引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)

ワンポイントアドバイス!

動画編集を目的とする場合、編集する動画やクオリティにもよりますが、PCには高いスペックが要求されます。
購入する際は「プロセッサー」、「メモリ」、「グラフィックス」の3点を注視して選びましょう!
今回チョイスしたモデルのスペックでも充分作業可能だとは思いますが、4K動画などの編集の場合は、メモリを16GB→32GBに変更したほうがいいですね。
また、容量の大きい動画を保存するために大容量のストレージが必要になりますので、HDDをカスタマイズ画面で増設することをオススメします。
さらに可能であれば、データ保存用のHDDとは別に、OSやアプリケーションソフト用のSSDを追加しておくと、さらに動作が早くなりますよ。