購入ガイド

ステップ④ 保証期間やサポート内容をチェック!

初心者さんにとっては頼みの綱

パソコンって、購入した後もやることがいっぱいあって大変ですよね。

OSのセットアップやらドライバのインストールやら、PC初心者にとっては結構苦戦する内容だったりすると思います。
ましてや、使用中に故障なんてしてしまったら大慌てですよね。

こんな時に頼りになるのが、メーカーのサポート(保証)です。

メーカーのサポート(保証)があれば安心!

メーカーによってサポートの内容は変わりますが、大体は電話やチャットで使い方や疑問等を質問できたり、パソコンが故障した時に修理してくれるといった内容になります。

今はほとんどのメーカーが1年間は無償で保証してくれるようになっていますが、無償で修理してくれる条件や対応範囲が違ったりするので、必ずチェックしておくことをオススメします。

無償サポートと有償サポートの内容の違いをチェック!

ほとんどのメーカーは、購入者全員を対象とする「無償のサポートメニュー」と任意で加入可能な「有償のサポーメニュー」の2種類を取り揃えています。

無償のサポートはたいてい購入してから1年間しか保証してくれませんが、有償のサポートに加入することによってその期間を延ばすことができます。
また、PCのセットアップ等を実際に家に来てやってもらえる訪問サービスや、事故や盗難などに合った場合に代替のPCを貸し出してくれるサービスなど、無償メニューにはなかったサポートも付随する場合があります。

料金はメーカーによってマチマチで、支払いもPC購入時のみであったり、月額制または年額制だったりします。
なので、PCを購入する時はメーカーがどんなサポートをいくらで、どのくらいの期間保証してくれるのか、しっかり確認しておきましょう!

HPのサポートはどうなってるの?

さて、実際にHPの無償サポートと有償サポートの内容と保証期間を見てみましょう!
下記がHPが行っているサポートになります。

HPの無償サポートと有償サポートの内容と保証期間

サポート 内容 ひとこと
無償 カスタマーサポート 問題や疑問をすぐに解決したい時、24時間いつでも対応してくれるWEBサービス。HPの製品番号や質問のキーワード等を検索にかけることで、必要な情報を表示してくれます。また、ドライバーをダウンロードしたり、保証の確認をすることもできます。 対人のサポートじゃないので、初心者さんにはわかりづらいかも…。
チャットサポート HPの専門スタッフの方が、オンラインチャットでリアルタイムに対応してくれるサービス。受付時間は月~金の9~18時。 電話じゃなく文字での会話になるので、チャットに慣れてないと大変かも…。
引き取り修理サービス PCが故障してしまった時、修理・配送もすべて無料で行ってくれるサービス。自宅にまでPCを取りに来てくれ、修理後ももちろん自宅まで届けてくれます。(デスクトップ、ノートのみ) 自宅まで取りにきてくれるから楽チン!
クイックエクスチェンジサービス PCが故障してしまった時、交換品を受け取って故障品引き取ってもらうサービスです。自宅にまで来てくれます。(タブレットのみ) 交換品をすぐに持ってきてくれるのはありがたい!
使い方サポート HP製品で使い方がわからないものがあった時、専門スタッフが電話で応対してくれるサービス。受付時間は月~金の9~21時。 電話で直接話せるから安心。
有償 HP Care Packサービス 無償保証の期限を2年または3年に延長し、さらに、通常は保証されない水漏れや落下などで生じた故障、盗難にも対応してくれるサービス。 保証期間外に修理すると高額になる場合があるので、入っておくのも手かも。
なんでも相談サービス 年中無休でソフトウェアやインターネット、メール、周辺機器の設定や使い方、OSのアップグレードなど、HP製品以外もサポートしてくれるメニュー。 このサポートがあればPC初心者でも安心!
どこでも訪問サービス 専門のスタッフが自宅にまで来てくれて、PCのセットアップや使い方のレッスン、トラブル発生時の診断など、なんでも解決してくれるサービス。 PCのことが本当にわからない超初級者さん向けのサービス。
HPのサポート内容は以上になりますが、正直どこのメーカーもサポート内容は似たり寄ったりです。
ただ、中にはメーカー独自のサービス(周辺機器をお試しでレンタルできたり、PCが故障しても当日中に修理してくれるなど…)を展開し、アフターケアに力を入れているところもあるようですよ。

ちょっと待って!本当に有償サポートに加入する必要はある…?

有償サポートって本当に必要…?

どこのメーカーでも、サポート内容を手厚くしたり期間を延長するためには、それなりのお金がかかります。

「PCに詳しくないし…」とか「何かあった時の保険で…」といった理由でサポートにお金をかけてしまう人も多いと思いますが、正直もったいない気もしますよね…。

なので、「こんな人は有償のサポートに入っちゃうと損かも」という例をあげていこうと思います。

PCを定期的に買い換える人

「PCは消耗品だ」と心得ている人は、定期的に買い換えをします。
せっかく有償サポートに加入して保証期間を伸ばしても、その期間内にPCを買い換えてしまったらもったいないですよね。
人によっては購入から1年でPCを売って、その資金で新しいPCを購入するという方もいるそうです。

ある程度PCの知識がある人

PCで発生するほとんどの問題は、すでにインターネット上に解決方法が載っていることが多いです。
ある程度PCの知識があれば、その情報を元に自力で解決できちゃうと思います。
また、知恵袋のような質問サイトで質問するのもアリだと思いますよ。
ただ、そういった手間暇が面倒くさかったり、故障時などの対応を手厚くして欲しいなら加入してもいいと思います。

最後に…

店員さんは必要以上のサポート契約を勧めてくるかも…

インターネットで購入する場合はいいのですが、リアル店舗でPCを購入する場合、たいてい店員さんに「みんなつけてるから!」とか「故障したら大変なことになるよ!」なんて脅されて、必要以上のサポート内容を契約してしまった…!なんて方が非常に多いようです。

「念のため有料のサポートにしといた方が安心かな~?」というように、あやふやな理由で加入すると損をしてしまうかもしれませんから気をつけてくださいね!
時にはキッパリと断る勇気も必要ですよ!

さて、ここまできたら、後はPCを購入するのみです!みなさん、良いパソコンライフを!