購入ガイド

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)って何?

書類や資料の作成など、主にビジネスシーンで利用されるソフトウエアのことをオフィスソフトと言います。

MicrosoftOfficeシェア率No.1

オフィスソフトには、ジャストシステム社の「一太郎Office」やLotus Development社の「Super Office」などいくつか種類がありますが、現在はMicrosoft社の「Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)」が圧倒的なシェアを誇っています。

「Microsoft Office」と言えば、文書作成ソフトのWord(ワード)や表計算ソフトのExcel(エクセル)、プレゼンテーションソフトのPowerPoint(パワーポイント)など、主に仕事上で活用されるアプリケーションソフトをひとまとめにした製品のことですよね。

「Microsoft Office」のアプリケーションは、上記以外にもたくさんの種類があるんですよ。
種類 アイコン 解説
Word
(ワード)
文書作成をするソフトウエア。ビジネス用のお堅い文書からポップなチラシまで様々な形式のものが作成でき、写真や画像、グラフなどの挿入も可能。知らない人はいないんじゃないかな…?
Excel
(エクセル)
データや数式を入力して様々な集計ができる表計算ソフト。日々の売上や在庫管理なども簡単に行えるほか、Wordのように文書を作成することも可能。また、マクロ言語でプログラムも組める。
PowerPoint
(パワーポイント)
プレゼンテーション用のスライドを作成するソフト。作成した資料を紙芝居のように展開していき、写真や画像、グラフの挿入はもちろん、アニメーションによって効果的にプレゼンが行える。
Outlook
(アウトルック)
電子メールやスケジュールの管理ができるソフト。メールの送受信はもちろん、他のユーザーとスケジュールを共有したり、連絡先や仕事の管理までできる便利なツール。
OneNote
(ワンノート)
会議や授業などのメモ取りができるソフト。“デジタルノート”とも呼ばれ、テキストや画像の挿入はもちろん、手書きで自由に書き込みができ、本当のノートのように使用できる。
Access
(アクセス)
データベースの管理・作成ができるソフト。蓄積したデータの中から必要な情報を取り出して集計したり、様々な形式で印刷したりもできる。また、不正なデータの入力を防止できる機能も。
Publisher
(パブリッシャー)
デザイン性の高い本格的な文書を作成できるソフト。Wordよりもオシャレな仕上がりにでき、お堅い文書というよりもチラシやパンフレット、カタログなどの作成に向いている。
Project ※1
(プロジェクト)
仕事のプロジェクト管理を行えるソフトウエア。ガンチャートなどを利用して計画のスケジュールや進捗、予算、人員等の把握を一元的にすることができる。
Visio ※1
(ビジオ)
簡単に作図を行えるビジネス用ソフト。書類やプレゼンに必要とされる図形のテンプレートが豊富に用意されており、それを用いて簡単に図形を作成することができる。
Sway ※2
(スウェイ)
表現力豊かなコンテンツを作成するソフト。テキストや動画像、SNSなどのWEB上の情報を取り込みながら説得力のあるプレゼンやニュースレター、レポートなどを直感的な操作で作成できる。
※1:ソフト単体での販売のみ。
※2:Microsoftのアカウントを持っていれば、誰でも無料でインストール可能。


最新のバージョンである「Microsoft Office 2016」で提供しているオフィスソフトは、全部で10種類あります。

その中でもWordやExcel、PowerPointは世界的にも利用者が多く、もはや知らない人はいないと思われるソフトですが、それ以外に関しては「存在自体知らなかった!」なんて人も少なくないと思います。

だいたい「こんなソフトもあるんだな~」って感じで、軽く覚えててもらえればOKですよ!

Microsoft Office の種類

プリインストール版 と パッケージ版

「Microsoft Office」は販売形態の違いによって「プリインストール版」「パッケージ版」の2つに分けられます。

「プリインストール版」はプレインストール版とも呼ばれ、PCで「Microsoft Office」を使用している人の大半がこちらを使用しています。

対する「パッケージ版」はライセンス形態の違いによって、さらに「永久ライセンス」「サブスクリプション」の2種類に分かれているんです。
プリインストール版 パッケージ版
永久ライセンス サブスクリプション
Microsoft Office プリインストール版 Microsoft Office パッケージ版(永久ライセンス) Microsoft Office パッケージ版(サブスクリプション)
PCとセットになって販売されているもの。PCメーカーが予めインストールしているオフィスがこれに当たる。
PCが壊れるまで永久的に使用できるが、一緒に購入したPCのみ(1台)でしか使用できない。
パッケージ版よりも安価に購入でき、最新のバージョンへアップグレードも可能。
量販店などで単体で売られているもの。一度購入すれば永遠に使うことができる。
2台までのPCにインストール可能で、ライセンスを一度解除すれば、他のPCにも使い回しできる。しかし最新のバージョンにアップグレードできない。
価格はプリインストールよりも高価。
こちらも単体で販売されているものだが、“使用期間に応じて月額または年間料金を支払う”という形式のサービス。
2台までのPCにインストールができ、最新のバージョンにアップグレードすることも可能。
3年以上使うなら永久ライセンスのほうが安くなる。
上記を読んでもらえれば分かると思いますが、3種類ともメリットとデメリットがあります。
自分の「Microsoft Office」の使い方によって、上手に選択していかなければなりませんね。

さて、現在販売されている最新バージョンの「Microsoft Office 2016」は、ここからさらに種類が分かれているんです。
それは次の項目で解説していきますね。

エディションって何?

「Microsoft Office 2016」には、機能の違いによってプリインストール版は3種類パッケージ版は4種類の製品が用意されています。

Microsoft Officeのエディション

この製品の種類のことをエディションと言い、搭載する機能や使用できるソフトの種類に違いをつけることで、ひとりひとりのユーザーのニーズに合う製品を提供しているんです。

一般向けとして販売されているオフィスのエディションを、下記にまとめてみました!

プリインストール版のエディション

プリインストール版のエディションは「Professional Premium」「Home & Business Premium」「Personal Premium」の全部で3種類。
販売価格はPCメーカーによって多少バラつきがあるので、金額は大体の目安を表記しました。

HPならオフィスの値下げキャンペーンを定期的に行っているので、そういったキャンペーンをうまく使って購入しちゃいましょう!
エディション Professional Premium Home & Business Premium Personal Premium
イメージ Professional Premium Home & Business Premium Personal Premium
ライセンス 永久ライセンス
価格の目安(税抜) ¥48,000 24,000 ¥19,000
インストール数 最初にインストールされたPC1台のみ
アップグレード 可能
Word
Word
Excel
Excel
Outlook
Outlook
PowerPoint
PowerPoint
 
OneNote
OneNote
 
Access
Access
   
Publisher
Publisher
   
※1年間のみ無料のサービス(2年目以降は料金が発生します)
 ・インストール数がPC1台に加え、タブレット2台、スマートフォン2台までOK。

 ・オンラインストレージの「OneDrive」を1TBまで使用可能。
 ・Skypeから固定電話や携帯への通話が毎月60分まで無料。
 ・Officeのセットアップや使い方などを教えてくれる「Office テクニカルサポート」利用可能。

パッケージ版のエディション

パッケージ版のエディションは「Professional 2016」「Home & Business 2016」「Personal 2016」「365 Solo」の全部で4種類。

価格はMicrosoftの公式ホームページでの販売価格になりますが、家電量販店やPCショップなどで購入すれば、もっとお安く手に入れることができますよ。
エディション Professional 2016 Home & Business 2016 Personal 2016 365 Solo
イメージ Professional 2016 Home & Business 2016 Personal 2016 365 Solo
ライセンス 永久ライセンス サブスクリプション
価格(税抜) ¥59,800 ¥34,800 ¥29,800 ¥11,800/年
¥1,180/月
インストール数 PC2台 PC2台、タブレット2台、スマートフォン2台
アップグレード 不可 可能
Word
Word
Excel
Excel
Outlook
Outlook
PowerPoint
PowerPoint
 
OneNote
OneNote
 
Access
Access
   
Publisher
Publisher
   
※エディション「365 solo」のみ利用可能なサービス
 ・インストール数がPC1台に加え、タブレット2台、スマートフォン2台までOK。
 ・オンラインストレージの「OneDrive」を1TBまで使用可能。
 ・Skypeから固定電話や携帯への通話が毎月60分まで無料。
 ・Officeのセットアップや使い方などを教えてくれる「Office テクニカルサポート」利用可能。

Microsoft Office の互換ソフト?

「Microsoft Office」があれば、書類作りや表計算などが簡単に作成できるので大変便利なんですが、正直結構お値段が張るのがイタイところですよね…。

Microsoft Officeってけっこう高い…

「でも、仕事で書類作らなきゃいけないから絶対に必要…!」
「Excelで家計簿をつけているから、ないと不便だわ…」

なんて理由から、ソフトの購入に泣く泣く2、3万円ふっとばしている方も少なくないはずです。

しかし、そんなお悩みもスッキリ解消できてしまう、「互換ソフト」の存在を知っていましたか?

互換ソフト「Kingsoft Office」とは?

Kingsoft Office(キングソフト オフィス)

「Kingsoft Office(キングソフト オフィス)」とは、「Microsoft Office」と同じオフィスソフトのことです。
「Microsoft Office」で作成したデータの読み込み・編集ができ、逆に「Kingsoft Office」で作成したデータも「Microsoft Office」の方で読み込み・編集することができるんです。

このことから“互換ソフト”と呼ばれているんですね。

互換ソフトは「Kingsoft Office」以外にもいくつか存在するのですが、1番信用があり、シェア率もあるのはこのソフトなんです。
そのため、HPも含む複数のPCメーカーでは、「Microsoft Office」と一緒に「Kingsoft Office」もラインナップに入れているところが多いんですよ。

HPのオフィスソフト選択画面

HPのオフィスソフト選択画面

互換できるソフトは「Word」「Excel」「PowerPoint」の3つのみになりますが、仕様は「Microsoft Office」とほとんど変わりありません。
なので「あのコマンドのボタンはどこ~!?」なんて混乱することはなく、快適に使用できると思います。

さらに、「Kingsoft Office」は信じられないくらい安価で購入できちゃうんですよ!

Kingsoft Office 2016 製品一覧

オフィス製品 互換ソフト マクロ対応 フォント追加 価格(税込)
Word Excel PowerPoint
Personal       ¥3,980
Standard     ¥5,480
Standard/VBA対応版   ¥5,980
Standard/フォント同梱版   ¥5,980
Standard/VBA対応/フォント同梱版 ¥6,480
「Microsoft Office」は平気で2、3万円飛んじゃうところ、「Kingsoft Office」ならたったの数千円!
これは本当に激安です…!

これだけ安価であれば、PCを一緒に購入する際も無理なく手が届く価格帯だと思います。

しかし、そんな「Kingsoft Office」にもデメリットがありまして、それは互換性が完璧ではないということです。

「Microsoft Office」と「Kingsoft Office」間でデータのやり取りすると、多少レイアウトが崩れてしまったり、表示されない部分が出る場合があるんです。
また、本家には搭載されている機能が「Kingsoft Office」にはなかったりすることもあります。

Kingsoft Office 2016は互換性UP!

とまあ、以上の問題点があるものの、最新バージョンである「Kingsoft Office 2016」の互換の精度はかなり高くなっています。
かなり複雑な編集をしていない限り、上記のような問題が発生するのは非常に少ないと言えます。

なので、「会社で作った資料を、お家でちょこっと修正したい」とか、「Microsoft Officeとのやり取りはせず、個人利用だけにとどまる」といった利用方法であれば、「Kingsoft Office 2016」は大いに活躍するソフトと言えますね!

自分のオフィスソフトの使用方法を踏まえ上で、上手に活用していきましょう!